【ドルフロ】先行版で新人形「HS.50」「SR2」「CZ 100」「AK74M」「PP-93」が実装

スポンサーリンク
キャラ紹介
おすすめゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先行版:少女前線(ドールズフロントライン)にて、新たに新人形「HS.50」「SR2」「CZ 100」「AK74M」と新重装部隊「PP-93」が実装!

HS.50

レア度:★5
銃種:RF
イラスト:小沢
CV: 未公開

元のプロジェクトファイルが消されて、HS.50は自分の過去についてほとんど知らない
グリフィンにはやくとけこみたいと思っていますが、過去の影響のために、
彼女は日常生活に対処するための簡単な戦術スキルの使い方しか知らないようです。彼女が仲間と仲良くするのは難しい。
現在、HS.50はより親しみやすくなるために一生懸命取り組んでいます。

 

SDモーション
https://twcdn.imtxwy.com/tw/gf/banner/news3431.gif

実銃:HS.50
製造国:オーストリア

口径:12.7mm×99
全長:1370mm
重量:12.4kg

ステアー社が2004年に発表した、.50口径のシングルショットボルトアクション大口径狙撃銃。ドイツのフォルテック社のハインリッヒ・フォートマイヤーが開発し、ステアー社が製造と供給を行っている。

フリーフローティング銃身、バイポッドや銃口部の巨大なマズルブレーキ、レシーバー上のピカティニーレールなど現代的な狙撃銃としての機能を一通り備える。
特徴としてバレルを容易に交換可能なモジュラー仕様であり、バレル長は33インチ(838mm)と24インチ(610mm)の2種類から選択可能である。有効射程距離は1,500m。

バリエーションモデルとして、側面マガジン給弾が可能なHS.50 M1が存在する。独自設計で、.50BMGよりも長射程とされる.460 Steyr弾を用いるHS .460もラインナップされていたが、現在はカタログ落ちとなっている。
2006年には、イラン軍が同ライフルを800挺購入している。

SR2

レア度:★5
銃種:SMG
イラスト:Yannn
CV: 未公開

落ち着いた唇のサービスを備えた非常に衝動的な人形。彼のすべての利益として戦いが必要です。
敵のラインを壊して破壊することは、
たとえそれが損傷したり完全に破壊されたとしても、世界で最も興味深いことです。躊躇しないでください。

 

SDモーション
https://twcdn.imtxwy.com/tw/gf/banner/news3439.gif

実銃:SR2
製造国:ロシア

口径:9mm×21
全長:603mm
重量:1.65kg

1990年代中盤にロシア連邦保安庁(FSB)が9×21mm弾を使用する新たな短機関銃の開発を要求し、1999年にロシア内務省(MVD)と関係の深い設計所であるデジニトクマッシ社が開発・公開した小型短機関銃。ベレスク(Вереск)とは、ヘザー(和名はギョリュウモドキ)と呼ばれる、花をつける常緑低木のこと。

同社のSR-3をベースとしており、グリップ内にマガジンを収めるウージータイプの構成としたことで、非常にコンパクトとなった。ボディアーマーを着用したテロリストなどを相手とすることを想定し、高い貫通力を持つ9×21mm弾を使用する点もあって、ドイツのH&K製MP7短機関銃に似た性格の銃となっている。

本体はSR-3からそのまま流用されたプレス製レシーバーと、ポリマー製のグリップとフォアエンドで構成され、重量約1.6kgと軽量。内部機構は、当然ながらSR-3同様の、AKタイプのロングストローク-ガスピストン方式のガスオペレーションで、これは短機関銃としては珍しい。レシーバーの両サイドにレバーを備えるが、右のものはマニュアルセイフティ、左のものはセミ/フルを切り替えるセレクターである。ストックはプロトタイプではウージーのような複雑なアンダーフォールディングだったが、後にアップフォールディングに変更されている。

CZ 100

レア度:★4
銃種:HG
イラスト:霜葉
CV: 未公開

他人とのコミュニケーションを避け、一人で漫画を読むのが大好きです。
すべての騒々しい機会を意図的に回避します。突然の出現はしばしば幽霊と誤解されます。
私は自分の能力に対する自尊心が低いですが、私的には他の人物を自分のやり方で気にかけています。
若い世代として、断固として行動するCZ75は、指揮官の注意を引くことだけを望んでいます。

 

SDモーション
https://twcdn.imtxwy.com/tw/gf/banner/news3437.gif

実銃:CZ 100
製造国:チェコ共和国

口径:9mm×19
使用弾薬:9mm×19
全長:177mm
重量:680g

チェコ共和国のチェスカー・ゾブロヨフカ社が1995年に開発した、同社初のポリマーフレームピストル。他社が発表した初期のポリマーフレームピストル同様、グロックの影響色濃い拳銃である。

ダブルアクションオンリーのトリガーを有し、撃発はストライカー式。マニュアルセイフティをもたず、AFPBによってファイアリングピンの前進をブロックする。作動はブローニングタイプのショートリコイルで、排莢口に銃身のブリーチ部を噛み合わせて、チャンバーを閉鎖する。以上のように、基本的なメカニズムはグロックシリーズのそれを踏襲しているが、CZ100のバリアントである「CZ110」は、コンベンショナル・ダブルアクションとなっており、スライド後端にデコッキングレバーが装備されている。

なお、スライド上部の排莢口後方にあるパーツはバレルストップといい、ここをベルトなどに引っ掛けてスライドを引くことができる。これにより片手だけで装填操作が可能なことからシングルハンド・チャージング・デバイスとも呼ばれる。AFPBはこの下に収められている。

AK74M

無関心な理性少女、嫌いなものだけ明るい色、そして相手が敵である場合、効果はさらに悪化します。
私は仕事と私生活をはっきりと区別しています。私は仕事で優秀な同志です。戦いの後、私は境界感を感じますが、本当に話す必要がある人を助けるためにけちではありません。

レア度:★4
銃種:AR
イラスト:やこぶ
CV: 未公開

 

SDモーション
https://twcdn.imtxwy.com/tw/gf/banner/news3451.gif

実銃:AK74M
製造国:ソビエト連邦

口径:5.45mm
使用弾薬:5.45x39mm
全長:943mm
重量:3.3kg

AK-74は1974年にソビエト連邦軍が採用したアサルトライフルで、従来のAK-47系列に替わるものである。
内部構造はAKMを踏襲し、口径を5.45mm(使用弾薬5.45x39mm弾)に小口径化している

AK-74Mは、1991年からソ連で配備が開始されたAK-74の近代化型である。Mは、ロシア語: Модернизированный、ラテン文字転写 Modernizirovannyj の頭文字で「近代型」を意味する。AK-47、AK-74に続いてAKアサルトライフルの第3世代にあたる。

従来のAK-74は、固定式銃床を備えたAK-74と金属製折りたたみ式銃床を備えたAKS-74の二種類に分かれていた。このAK-74Mは、従来のAK-74と形状は固定銃床の様でありながら、プラスチック製の折りたたみ式銃床を標準装備しているため、自動車化狙撃兵や空挺軍兵士、戦車兵などに支給するアサルトライフルを文字通り一種類に統一することが可能となった。

ハンドガードとグリップの形状はAK-74後期型と同じであるが、プラスチック部品の成型色が、AK-74後期型の焦げ茶色から黒色になった。また、ボルトキャリアーが従来よりも軽量化が図られており、射撃時の衝撃が緩和されている。レシーバカバーについても強化されたため、AKMよりあった補強リブが省略されている。

PP-93

新重裝部隊

SDモーション
https://twcdn.imtxwy.com/tw/gf/banner/news3478.gif

93式60mm迫撃砲(PP-93)

製造国:中国
口径:60.75mm
全備重量:22.4kg
最大射程:5,564m
要員:5~7名

93式60mm迫撃砲(PP-93)は、山岳歩兵、空挺部隊、海軍陸戦隊、快速反応部隊など重装備を持てない歩兵部隊の直協火器として開発された。開発に際しては、軽量化と出来る限りの射程延伸と威力向上を両立する事が図られ、軽合金を多用する事で砲身長を伸ばしつつ重量軽減を実現した。最大射程は5,564mと、同時期に開発された89式60mm迫撃砲(PP-89)の2.700mを大きく超える事に成功し、1クラス上の81mm迫撃砲に匹敵する射程を確保した。

93式は、通常は砲身と砲床、脚部を分離して搬送するが、緊急時には歩兵1名での搬送が可能。砲身と砲床の組み立てが間に合わない場合には砲身のみを地面に設置させて射撃を行うこともできる。重量は2.18kg(榴弾)で、有効殺傷範囲は17.8m。榴弾には金属玉が多数組み込まれており、殺傷能力を強化している。信管の信頼性の向上も図られており、山地や水面、瓦礫の上に着弾しても100%の着発率を実現した。

 

少女前線 中国サイト
https://gf.txwy.tw/

コメント

タイトルとURLをコピーしました