あの『超兄貴』がリズムゲームになって帰ってきた!「ダンシング・オブ・超兄貴」

スポンサーリンク
新作情報
おすすめゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あの奇ゲーの名作『超兄貴』がリズムゲームになって帰ってきた!
おふざけマッチョキャラクターで一斉を風靡した超兄貴キャラクターがダンサーとして登場します!

 

配信予定日:2021年10月予定
スマートフォン向け:基本無料
LIG「リズムゲーム」

ゲーム概要

ルール

ミュージックに合わせてノーツをタップするシンプルなリズムゲームです。
4つのノーツをタイミング良くタップして、コンボを重ねて高得点を狙いましょう。

キャラクター

アドン(黒いパンツのマッチョ)、サムソン(赤パンツのマッチョ)、イダテン、ベンテン、うみにんが登場します。
キャラクターが音楽に合わせて華麗にダンスを踊ります。

コンプリート機能

ダンス中に各キャラクターがマッチョポーズを披露します。
レベルアップすればするほど新たなポーズを獲得できます。
また、踊るキャラクターに対して観客からの掛け声もコンプリート要素の一つです。
掛け声のバリエーションを増やせばダンスが盛り上がること間違いなし。

コラボレーション企画

本ゲームは、様々な楽曲、キャラクターとのコラボレーション企画を実施します。

単純なリズムゲームとは一味違う、今すぐ事前登録を!

超兄貴 とは?

1992年12月25日に日本のメサイヤから発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM²用横スクロールシューティングゲーム。

天界の命を受けた主人公の「イダテン」および「ベンテン」を操作し、プロテイン採掘プラントを乱立させ近隣星系を無差別侵攻している「ボ帝ビル」を倒す事を目的としている。登場キャラクターや背景などにおいて筋肉美を強調した世界観を特徴としている。

開発はNCSおよびWINDSが行い、プロデューサーは『改造町人シュビビンマン』(1989年)を手掛けた土田俊郎が担当、音楽はPCエンジンCD-ROM²用ソフト『SOL BIANCA』(1990年)を手掛けた葉山宏治が担当、キャラクター・デザインは『改造町人シュビビンマン3 -異界のプリンセス-』(1992年)を手掛けた永井一成が担当している。

2003年にWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信された他、2007年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信、2010年にPlayStation 3およびPlayStation Portable用ソフトとしてPCエンジンアーカイブスにて配信、2016年にWii U用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

本作は、男性神・イダテンと女神・ベンテンのいずれかを選択して操作するシューティングゲームであり、システムはメガドライブ用ソフト『ジノーグ』(1991年)を元にしている。一方で、本作の世界観は『ジノーグ』とは対照的に、筋肉美を強調した奇抜で明るいものとなっている。 たとえば、主人公のオプションキャラクターである二人組の兄弟「アドン」と「サムソン」は有名なゲイ向け雑誌を連想させる名前であることに加え、彼らが放つショットは「メンズビーム」と名付けられている。 また、本作の#音楽も特徴的であり、作曲者である葉山宏治名義のサウンドトラックCD『超兄貴-兄貴のすべて-』もヒット作となり、2019年現在も廃盤にならず日本コロムビアから販売が継続されている。

初作は再版を5回重ねるヒット作となり、その後に登場したテレビゲーム機やパソコン用アプリケーションに何度か移植されている。2020年にコナミデジタルエンタテインメントがリリース予定である、PCエンジン系ソフトを約50作プリインストールした復刻系テレビゲーム機・PCエンジン miniにも他のCD-ROM2ソフトと共に収録が決定している。また、本作以後も他機種への移植を含む数作の続編が作られたほか、CDドラマ、漫画、小説(ライトノベル)などにもメディアミックス展開された。

ストーリー

「ボ星」を中心とする「ビルダー帝国」を支配する、大銀河ボディービルコンテストにおいて10連覇の偉業を成し遂げた帝王「ボ帝ビル(ぼていびる)」は、プロテイン資源の枯渇に悩み、ついに近隣星系を無差別侵攻しプロテイン採掘プラントを乱立させ始めた。危機を感じた天界はビルダー軍討伐を命じ、イダテンとベンテンを派遣した。かくして、イダテンらとビルダー軍の汗臭く暑苦しい戦いの幕は切って落とされた。

-wikiより-

 

ゲーム自体はしっかり作られた横シューティングゲームなんですけど
キャラデザインが、、、ね

 

紹介動画

この紹介動画はスーパーファミコンで発売された「超兄貴 爆烈乱闘篇」2D横シューティングゲームになります、今回の新作はリズムゲームになるようなのでキャラのみ引き継いでゲームシステムは全くの別物になると思います。

「ゆっくりレトロゲーチャンネル【勝たすトロ負ぃ】」さんがあげてくれた動画になります

【ゆっくり紹介】スーパーファミコン 超兄貴 爆烈乱闘篇

外部リンク(事前登録はこちらから)

「ダンシング・オブ・超兄貴」公式サイト
https://dancing-cho-aniki.com/

新作情報その他
スポンサーリンク

このブログをチップで応援

hashimokkoriをフォローする
スポンサーリンク


ハシモッコリ・ゲームブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました