7月7日は七夕! 各スマホゲームの七夕ツイートのまとめ

スポンサーリンク
その他
おすすめゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月7日は七夕🎋、スマホ向けゲームの公式Twitterが七夕を記念したツイートをしています。

 

当ブログがフォローしてる公式の七夕ツイートを貼り付けました。記念のイラストを投稿してところは少ししかいませんでした。

ユージェネ

ブラック・サージナイト

レッド:プライドオブエデン

falloutshelteronline

ドールズフロントライン

7月7日七夕(たなばた)とは?

折り紙で七夕飾りを作ったり、短冊に願い事を書いて、手芸の上達などを願います。

七夕とは、織姫(おりひめ)さまと彦星(ひこぼし)さまが天の川を渡って、1年に1度だけ出会える7月7日の夜のこと。短冊に願い事を書いて、笹竹に飾り付けます。

「雨が降ると天の川が渡れない」ともいわれて、てるてる坊主をつるした人も多いのでは。かつては旧暦の7月7日だったので、現在でいうところの8月上旬~下旬ごろ。昔は晴天率の高い行事だったのです。

新暦の現在では、7月7日は日本の多くが梅雨のさなかです。平均すると、晴れる確率は3割ぐらいです。東海地方や山口県などには、「雨が降った方が縁起がいい」という言い伝えも残っています。

七夕のお話は、中国古代の民間伝承がもとになっています。織姫と彦星は、中国風だと織女(しょくじょ)、牽牛(けんぎゅう)。ちなみに韓国やベトナムにも七夕があります。

日本には、奈良時代に宮中儀式として伝わり、織姫が機(はた)織りの上手な働き者だった…という内容から、手芸や裁縫の上達を願う風習につながりました。星に願い事をする原型はここから始まっています。

織姫と彦星の伝説

天帝(神様)の娘である織女は、機織りが上手で働き者の女性。天帝は、同じく働き者で牛飼いの牽牛と引き合わせました。二人はひと目で恋に落ち、結婚しました。

ところが結婚すると遊んでばかりで、働かなくなるという結果に。怒った天帝は二人を天の川の両岸に引き離しましたが、織女が泣いて悲しんだため、年に1度、七夕の夜にだけ会うことを許すようになった…

七夕飾りとは?

色とりどりの短冊や、いろんな形の飾りを笹竹に吊す七夕飾り。昔は高ければ高いほど星に願いが届くと考えられ、屋根の上まで高くかかげていたようですよ。

折り紙で作る七夕飾りにはいくつかの種類があり、「七つ飾り」と呼ばれます。それぞれにこんな意味が込められています。

●吹き流し
機織りやお裁縫の上達を願う飾りです。かつての宮中儀式で、五色の糸を長い針に通してお供えしていたものを、紙で表現したものです。

●くずかご
清潔、倹約を意味しています。七夕飾りを作るときに出た紙くずを入れて飾ることも。

●網(あみ)飾り
漁業の網(あみ)から生まれた飾りです。大漁を祈願しています。

●折鶴
家内安全や、長寿を願う飾りです。千羽鶴にする場合もあります。

●巾着(きんちゃく)
金運の上昇や、貯蓄を願って飾ります。財布の場合もあります。

●紙衣(かみこ)
折り紙で作った人形や着物の形のもののこと。裁縫の上達を願うほか、病気や災いの身代わりになってもらうという意味もあります。

●短冊
「五色の短冊」に願い事を書いて飾ります。五色とは、赤・黒(紫)・青・白・黄のこと。

 

七夕の説明は、じゃらんニュースから引用しましたhttps://www.jalan.net/news/article/541896/

コメント

タイトルとURLをコピーしました