【ドルフロ】大陸版:新人形「Erma」「コルトウォーカー」が実装

スポンサーリンク
キャラ紹介
おすすめゲーム
スポンサーリンク

大陸版:少女前線(ドールズフロントライン)にて、新人形「Erma」「柯爾特沃克(コルトウォーカー)」が実装。

Erma

レア度:★5
銃種:SMG
イラスト:脆皮炸蝦球
CV:未公開

「いつも忘れる、いつも迷う、こんな自分が嫌い…」

子供とは思えない冷酷で陰鬱な目をした13~14歳くらいの少女のような容姿 いかなる組織にも所属していないため、どんな組織にも使われるいじめっ子だが、彼女の粘り強さ、高圧耐性、粘り強さは、固定の修理工場がなくても彼女を元気に生きさせます。
言葉が苦手なアクション集団は、まるで長年働いてきた獰猛なミニシャチのようで、外見は距離感があるがとても近い。

 

SDモーション

イラスト:脆皮炸蝦球

イラストレータ「脆皮炸蝦球」氏がWeiboに公開してたイラストです

イラストレータ「脆皮炸蝦球」Weibo
https://weibo.com/u/6238748144

実銃:EMP35

製造国:ナチス・ドイツ
重量:4500g
全長:840mm
口径/弾薬:9mm/9mmパラベラム弾

EMP35とは、1935年にドイツのエルマ・ベルケ社においてハインリッヒ・フォルマーにより開発された短機関銃である。

フォルマーが輸出用に開発した「フォルマーM1927」の改良型として再設計された製品であり、長銃身型・短銃身型の二種類あったフォルマーM1927の内、短身型タイプにバレルジャケットを装着するなどの改良が加えられている。
設計にはフォルマー以外にエルマ・ベルケ社のベルソルト・ゲイペンが加わり、既存の短機関銃であるMP18/MP28も参考にしていたため、機関部分などはMP18/MP28と同様のシンプル・ブローバック方式、オープンボルト撃発で給弾方式も機関部左側面から弾倉を装填する方式を採用している。

柯爾特沃克(コルトウォーカー)

レア度:★5
銃種:HG
イラスト:一塊兩毛一斤
CV: 未公開

「一定温度で熟成させた牛肉が格別美味!」

いつも持っている女の子ミステリアスな笑顔がとても合わせやすいお人形さんらしく、自由気ままな雰囲気と包容力の強さを併せ持っています。グリフィンに来る前はカウボーイであると主張していた彼は、人間が牛を群れにするのを助けるために草原で活動していました。しかし、グリフィンのバックトラッキングの過程で、さまざまな部門がこの人形のさまざまなアイデンティティを認定しました: 護衛、牛肉の愛好

 

SDモーション

実銃:コルト・ウォーカー

製造国:アメリカ合衆国
重量:2.0 kg
全長:390 mm
口径:.44 ボール、リボルバー.454 インチ (11.5 mm)

ウォーカー コルトとも呼ばれるコルト ウォーカー( Colt Walker)は、6 発の弾丸 (通常は .44 口径の鉛球) の後ろに黒色火薬の6 つの装薬を保持する回転シリンダーを備えた単動式リボルバーです。1846 年にアメリカの銃器発明者であるサミュエル・コルトが、サミュエル・ハミルトン・ウォーカー大佐の仕様に合わせて設計しました。

外部リンク

少女前線公式サイト(中国サイト) 柯爾特沃克(コルトウォーカー)ページ
https://gf.txwy.tw/archives/9236.html

少女前線公式サイト(中国サイト) Ermaページ
https://gf.txwy.tw/archives/9231.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました