「逆コーラップス:パン屋作戦」のインタビュー記事

スポンサーリンク
新作情報
おすすめゲーム
スポンサーリンク

こんつは~。

 

ドールズフロントラインの前作にあたり現在リメイクを制作中である「逆コーラップス:パン屋作戦」(MICAteam雲母組/X.D. Network)
のインタビュー記事が「ファミ通App」さんのサイトに載っていたので引用をします。

 

「逆コーラップス:パン屋作戦」とは?

「MICAteam雲母組」が開発したターン製SRPGゲーム。ドルフロと同じ世界観のストーリになります。時間線から見れば、あれから30年後の話になります。
コーラップス(崩壊液)の汚染が激しくなり、「三女神計画」の研究データを奪う為に、再び戦争が始まろうとしている。

 

スマホ / PC / Nintendo Switch向けの予定。
発売日:未定

 

【インタビュー内容】

 

Q1:自己紹介

 

A1:MICAteam雲母組”は中国のゲーム開発チームで、同人サークルであった彼らは代表作『ドールズフロントライン』によって、世界中に知られています。

 

Q2:ゲーム紹介

 

A2:『逆コーラップス:パン屋作戦』は『ドールズフロントライン』と同じ世界観に基づいたターン製SRPGゲームで、以下のようなストーリーを持っています。

物語は近未来、“コーラップス(崩壊液)”の汚染が激しくなり、地上は資源枯渇の危機に落ちていた。

世界中が戦乱を巻き起こし、再構築されたのは新興の“南極連邦”と、列強各国からなる“URNS”(ロクサット主義合衆国連盟)というふたつの勢力だった。この2勢力の力が均衡したことで、世界には一時的な平和が取り戻されたのだが、この世界の構図が覆るほどの研究データ“三女神計画”を巡って、世界は再び戦火に飲まれようとしていた。

南極連邦内務部に所属する諜報員モンドは、任務中に待ち伏せに遭い、ジェフティと名乗る銀髪の少女に助けられた。しかし、過酷な地形環境の中でURNS兵士の包囲を突破することは容易ではない。

困難を乗り越えつつ敵地から逃れようとしたふたりは、なぜか同盟の勢力からも命を狙われることになる。この一連の出来事を影で操る黒幕の正体はいったい誰なのか? 真相に近づいていく中、“パン屋作戦”をめぐる巨大な陰謀が浮上する……。

 

Q3:開発で力を入れている部分

 

A3:本作ゲームは“MICAteam”がまだ同人サークルであったころに作ったSRPG『パン屋少女』のリメイク作品です。この『パン屋少女』があって、『ドルフロ』の世界が生まれました。
今回の『パン屋作戦』は原作と比べて、ストーリーと画面をとくに重視しており、いままで公開されていない設定もたくさん入れました。『ドルフロ』ファンの皆様へのプレゼントとも言えます。

 

Q4:どんな人に遊んでもらいたい?

 

A4:『ドルフロ』ファンの皆様とSRPG好きな方、そしてほかの方も大歓迎です!
落ち着いて1ステージずつ楽しんでいただける方に遊んでいただきたいです。

 

Q5:ゲームファンに一言コメント

 

A5:『ドルフロ』ファンの方ならぜひお見逃しなく、たくさん新しい内容を用意しました。独立したストーリーを持っていて、『ドルフロ』に詳しくない方でも楽しめますので、体験してもらえたらうれしいです。

 

引用元

元記事のファミ通Appさん記事「【インディーズゲーム特集 Vol.1】イベント出展予定だったタイトルをまとめて紹介&開発者ショートインタビュー」
https://app.famitsu.com/20200530_1638442/

 

 

インタビュー記事といっても具体的な内容はなく触りの部分しか無かった。
元記事のほうには「逆コーラップス:パン屋作戦」以外にもインディーズゲームの事が載っています。

 

逆コーラップス:パン屋作戦公式Twitter

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました