【新作】「たとえばラストダンジョン前の村の少年~」がスマホ向けに配信決定!

スポンサーリンク
新作情報
おすすめゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アンビション」がTVアニメ『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』のスマホゲームアプリを制作を発表!

 

タイトルは「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 ~ドタバタ英雄譚~」に決定。ゲームキービジュアルが公開されました。

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』は、サトウとシオ先生原作、和狸ナオ先生がイラスト担当の人気ライトノベルを原作としている。ゲームシステムは、3Dのターン制RPGになる。

配信予定日:2021年予定
スマートフォン向け:基本無料
アンビション「RPG」

ストーリー

村人誰もが反対する中、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかった。自分たちの村が、高レベル冒険者でも恐れる『ラストダンジョン手前の人外魔境』なんて呼ばれている真実を。そこで育ったロイドは…身体能力ばつぐん、古代魔法も完備、おまけに家事のスキルもパーフェクト!!これは、無自覚に無敵を体現する少年が『本当の強さ』に目覚めゆく勇気と出会いの物語―。

TVアニメ再放送が決定

放送日:7月5日24:30~ 毎週月曜
放送チャンネル:BS11
また、ABEMAほか配信サイトで各話好評配信中!

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』とは?

サトウとシオによる日本のライトノベル。イラストは和狸ナオが担当。略称は『ラスダン』。GA文庫(SBクリエイティブ)より2017年2月から刊行されている。

魔王を倒した勇者たちの子孫が暮らす村から軍人を志望して都会に出てきた主人公と、彼をとりまく人々が巻き起こす騒動を題材とする物語である。第8回GA文庫大賞優秀賞受賞作。2021年3月時点でシリーズ累計発行部数は250万部を記録している。

メディアミックスとして、2017年9月から臥待始作画による本編のコミカライズ版が『ガンガンONLINE』(スクウェア・エニックス)にて連載され、さらにスピンオフ漫画『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街の食堂で働く日常物語』が『月刊少年ガンガン』2020年2月号より草中作画で連載されている。2021年1月からはテレビアニメが放送された。2021年にスマートフォン向けゲームアプリがリリースされる予定。

-あらすじ-

とある辺境の村、コンロン村の少年ロイドは、物語で読んだ軍人にあこがれ、王都に行き軍人になることを決心。村で最も弱いロイドのことを心配した村人らは反対するが、村長の許可を得て王都に出発。そのコンロン村は、村外では凶悪な魔物が跋扈するという環境の中でも平然と狩猟生活を送れると言う、人外魔境の村でもあった。

到着した王都ではコンロン村の村長の弟子である魔女マリーの家に居候し、士官学校入学試験に備えながら、ロイドは個性的な人々と出会う日常を送っていく。

外部リンク

「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 ~ドタバタ英雄譚~」公式サイト
https://lasdan-game.jp/pc/index.php?

TVアニメ『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』公式サイト
https://lasdan.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました