AppleとGoogleが「パクリゲームをプラットフォーム上で販売することを許可している」としてUbisoftに訴えられる

スポンサーリンク
その他
おすすめゲーム
スポンサーリンク

アサシン クリードシリーズやウォッチドッグスシリーズなどで知られるフランスのゲーム開発・販売会社の「Ubisoft」が、Ubisoft製FPSゲーム「レインボーシックス シージ」を模倣したモバイルゲームの販売がApple Store・Google Playで許可されていることが問題として、GoogleとAppleを訴えました。

 

GIGAZINEさんの記事から引用しています。

 

Ubisoftが2015年12月10日に発売したレインボーシックス シージは、立てこもったテロリストに対する突入戦を題材とした対戦型FPSゲーム。本作は発売から4年以上が経過していますが、毎日300万人以上のユーザーがプレイしているという人気ぶりで、その競技性の高さからeスポーツのタイトルとしても評価が高いUbisoftの看板商品です。

 

そんなレインボーシックス シージを模倣したといわれているゲームが、中国のAlibabaグループ傘下のEjoy.comが製作したモバイルゲーム「Area F2」。Arena F2は建物の突入戦を題材にしたゲームで、Ubisoftによると「ほとんどコピー」とのこと。

 

そんなArena F2に関して、「プラットフォーム上で販売を許可することが問題」というのがUbisoftの主張です。Ubisoftは「Area F2が著作権を侵害している」としてApple StoreとGoogle Playに削除を要請したものの、拒否されたために今回の訴えに踏み切ったとのこと。なお、UbisoftがArena F2の開発元であるEjoy.comを訴えたのかについては、明らかになっていません。

 

Ubisoftはロサンゼルスの連邦裁判所に申し立てを提出し、「レインボーシックス シージは世界で最も人気のあるマルチプレイヤータイトルの1つであり、Ubisoftの最も貴重な知的財産の1つです。Arena F2のキャラクター選択画面から最終スコアの表示画面に至るまでのほぼ全ての要素がレインボーシックス シージのコピーです」「このように、競合他社はレインボーシックス シージの人気に便乗して、ユーザーの評価と資金を奪おうとしています」とコメント。一方、Google、Apple、そしてAlibabaはコメントの要求に応じませんでした。

 

下記リンク先には検討の動画が貼られてます。

 

記事の引用元
AppleとGoogleが「パクリゲームをプラットフォーム上で販売することを許可している」としてUbisoftに訴えられる – GIGAZINE

 

ストアよりも中華企業を訴えろよ

その他
スポンサーリンク

このブログをチップで応援

hashimokkoriをフォローする
スポンサーリンク
ハシモッコリ・ゲームブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました